<4階建ての普通教室棟&管理棟>     <本校のシンボル 大けやき>
  
 <渋沢栄一翁の心を受け継ぐ深谷小学校>      <城址で遊ぶ子供たち>
 

開校150年を記念して

 11月26日(土)に150周年記念行事を予定しています。
※冬用ジャージのデザインが変わります!
※深谷小ゆるキャラデザインを募集中!(7月20日まで)

 

お知らせ

 マスクの着脱について
 国や県からの学校生活におけるマスク着用についての方針を受け、本校としても以下の対応と致します。
 
〇熱中症対策を優先し、登下校時はマスク着用の必要はありません。その際、他の児童との距離を十分確保し、会話を控えて登下校を行います。
 〇体育授業の際は、マスク着用の必要はありません。その際は、児童の間隔を十分に確保することに留意します。
 ご理解ご協力をよろしくお願いします。

※県からのマスクに関するリーフレット→⑤【保健体育課】リーフレット_マスクの着脱メリハリつけて!.pdf
 

暗唱課題

暗唱チャレンジコーナー
令和4年度
【8・9月】心のスイッチ.pdf
【7月】
松尾芭蕉の俳句.pdf 
【6月】
6つの誓い・夢七訓.pdf
【5月】
私と小鳥と鈴と.pdf

 
 

深谷幼稚園のホームページへ!

 
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

交通事故が多発しています!
   一人一人が交通安全再確認を!

子供たちの『命』をいかにして守るか大人も子供自身も考える取組を、ご家庭・地域でのご理解・お力添えをいただき進めています。おかげさまで、今年度もこれまで大きな事故なく子供たちが元気に過ごせています。
しかし、市内でも、飛び出し等による交通事故が報告されています。また、
子供たち一人一人が、自分の命を大切にし、しっかりと守れるように、ご家庭でぜひ次のことについて引き続きご指導ください。

(1) 交差点では一時停止や安全確認を
  確実に行い、絶対に飛び出さないこと
(2) 自動車等巻込み事故に遭わないため
  交差点を通過する際は
    左折する自動車等に十分注意すること
(3) 自転車を運転する時は運転に集中し
  前方や左右の確認を十分に行えるよう、
  スマートフォン等の「ながら運転」は
  絶対にしないこと

歩きながらのスマホやゲームも絶対しない!

(4) 自転車に反射材を付ける、
  昼間もライトを点灯するなど、相手(周囲)
  から認識されやすい工夫をすること

(5) 自転車に乗るときは、
  必ずヘルメット等を着用すること

交通事故は一瞬の不注意で突然起きたり巻き込まれたりするものです。そして、命は失ったら取り戻すことは決してできないものです。
だから、深小っ子は大切な命を自分で守れるようにどうすべきかを考え行動します。

※ 交通事故防止のための合い言葉
 「もしかして  止まる  見る  待つ  確かめる 
  +  絶対に飛び出さない!」

 
 
 

深谷小学校校歌

作詞:加藤省吾
作曲:百瀬三郎

校歌(歌入り)←クリック
校歌楽譜 ⇐クリック

赤城秩父の 山々望む
歴史も古い 城跡に
緑の風呼ぶ 松の枝
学ぶみんなが すくすくと
のびゆく 深谷小学校

胸にきざんだ 教えの道は
はてない空の 雲の色
正しく進もう 今日もまた
学ぶみんなに 陽の光
輝く 深谷小学校

さくらほころぶ 唐沢堤
希望にもえる 若草は
瞳も明るく 生き生きと
学ぶみんなが 声合わす
栄える 深谷小学校
 

愛唱歌を覚えましょう!

♡深谷小学校愛唱歌♡
作詞:加藤省吾
作曲:百瀬三郎

愛唱歌(歌入り) ⇐クリック
愛唱歌楽譜 ⇐クリック

①ちいさな ちいさな さくらのつぼみ
 はるかぜうけて ふくらむつぼみ
 そうなんだ ぼくたち わたしたち
 みんなが あかるい ふかやのこども

②よんでる よんでる きぼうのにじが
 きこえてくるよ きぼうのかねが
 そうなんだ ぼくたち わたしたち
 みんなで すすもう ふかやのこども

③かざそう かざそう このてをたかく
 そびえる そらの やまよりたかく
 そうなんだ ぼくたち わたしたち
 みんなが のびゆく ふかやのこども 
 

本校児童数の移り変わり

児童数の移り変わり⇐クリック

 学校ができたときから今までの児童数の移り変わりをグラフにしました。
 クリックしてご覧ください。
 

日誌

校長室より >> 記事詳細

2022/06/28

拾得物件預かり書

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 校務員の長谷川さんのお話では、今朝、児童の一人が通学路で拾った5円玉を届けに来たとのこと、「優しい子ですよね、深谷小の子は」と話されていました。
 まったく同感です。この4月に深谷小に着任して、私も既に2回、児童からお金を預かりました。2回とも登校途中に千円札を拾ったということでした。子供から預かったお金は、深谷警察署の会計課に拾得物として届け出をさせていただきました。
 その時、警察から渡されるのが、「拾得物件預かり書」というわけです。今もこの書類が2枚、私の机にファイルされています。
 深谷小の子供たちの正義感のあかしとして。
14:42 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)